乳児湿疹の保湿の仕方

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだまだ肌の機能や強さが未発達であるため、赤く腫れたりジクジクとしたかぶれが出来てしまう乳児湿疹になることがよくあります。アトピーはもちろんベタベタとした皮脂を多く分泌してしまう脂漏性タイプから肌がひび割れてしまうほどの乾燥性タイプまで症状は様々ありますが、どちらも症状を緩和させてあげるには保湿ケアが非常に重要になります。
赤ちゃんの肌は非常にデリケートなので、大人用の保湿クリームなどを塗ると症状が悪化してしまうことがあります。このため、前提としてファムズベビーのような赤ちゃん専用の保湿グッズを使ってあげることが大切になります。具体的なケア方法は赤ちゃんの症状によって異なりますが、マッサージオイルや刺激の少ないベビーローションなどを使ってこまめにケアしてあげると効果的です。症状が重い場合には、自己判断せず小児科や皮膚科を受診し、医師に効果の高い保湿剤やワセリンなどを処方してもらって丁寧にケアしてあげましょう。ケアの回数は肌の乾燥に気付いたらいつでも行うのが正しく、塗りすぎて支障が出ることはあまりないので積極的に塗ってあげましょう。赤ちゃんが自分で掻きむしってしまうような場合は、その部分が十分しっとりするまでケアするようにしましょう。毛孔性苔癬 薬

乳児湿疹の保湿の仕方